薄毛男子の婚活ハウツーブログ

ハゲは婚活に不利?そんなことはありません。元美容師で3,000件以上の頭皮カウンセリング、薄毛男性と結婚した婚活カウンセラーが婚活に役立つ情報を配信中

【実例紹介】結婚相談所で年収300万円台の男性は、お見合い出来ない?!300万円台の婚活戦略はコレだ!!

年収300万円台は、結婚相談所でお見合い出来ますか?

最近300万円台の男性のご相談を受ける事が増えてきましたので、実際にあった例を記事にしたいと思います。300万円台でもお見合いは出来ます!同じような悩みを抱えている男性は是非参考にしてみてください。

33歳/年収350万の男性Aさんのケース

相談にのったAさんは、誠実な人柄が印象的な男性です。転職して3年目。現在は別の相談所に入会されていて、2年間の活動でお見合い出来たのは3名。そのうち1名の女性と仮交際まで進んだそうです。交際終了になってしまった原因は「休みが合わせずらい」という理由でフラれてしまいました。最近は、ぜんぜんお見合いが組めなくなってきたとご相談を受けました。

ヒアリングをするとAさんは、年収が350万円ですが、優良企業にお勤めで福利厚生もしっかりしており、休みも多く、残業も少なめ、男性でも積極的に育休がとれるという素晴らしい職場。このことを全くアピールできていないとのことで下記のようにアドバイスさせていただきました。

 
会社は、福利厚生がしっかりしており、男性でも育休もとれます。
積極的に子育てに関わりながら奥さんだけに負荷がかからないように協力していきたいと思っています。
残業なども少ないです。今は実家ですが一通りの事はできます。
料理も得意で、たまに時間があるときはスパイスを調合してカレーを作ったりもします。
家族にも大好評だったので、パートナーが出来たら、ぜひ食べてもらいたいです!
 

Aさんからは、早速変更したとお礼のメールをいただきました。
素直で行動力のあるAさんは、きっと近い将来良い出会いがあることでしょう。

35歳/390万円の男性Bさんのケース

Bさんも、転職1年目。転職してから給料が下がってしまったとのことでした。男性らしい逞しさと笑顔が素敵なBさんは、プロフィール公開後すぐに15名の女性からお見合い申し込みをいただきました。活動しながら300万円台だと交際継続する事に不安を感じるということで、もっと年収をあげていきたい!と言って副業も始められました。10日のお休みのうち、7日は副業をしているというパワフルな男性です。その結果年収がどんどん上がり今ではモテモテの会員様になりました。


このような感じで、300万円台だから、お見合いが組めないというわけではありません。あなたの年齢や外見、勤め先、資産状況、そして頑張りによって変わってきます。

副業の年収UPも出来ない!外見にも自信がない300万円台男性は具体的にどうすれば良いのでしょうか?


300万円台男性の戦略 ‼ 6つのポイントをまとめましたのでご覧ください(^^)


早速いってみましょー‼

1.あなたとの結婚で得られるベネフィットを伝える

  • 料理が上手、家事能力が高いから、結婚すると美味しい料理や快適な結婚生活が送れるなど記載し、手料理の写真をUPする
  • 育児休暇がとれるので、奥さんが仕事を続けていきたい時も自分が休むことができるから安心して仕事を続けていける。甥っ子の面倒をよく見ているなどネタもはさむ。
  • 転居や働き方が柔軟に対応できるとアピールする

このような感じで、あなたとの結婚によって得られるベネフィットを考え、プロフィールに記載することが必要です。

2.将来性を出す

自分のプロフィールには、仕事での成果を織り交ぜながら、頑張っていることをアピールしていきましょう。例えば、プロフィールには、お客様から「あなたのおかげで●●が出来ました」と感謝されることがあり、とてもやりがいを感じながら日々仕事をしています。など実際に周りから頂いたリアルな声を載せる。またカウンセラーさんなど紹介文を書いてもらう時は、自慢できるポイントを記載してもらう。

●●さんは、真面目で向上心があり、より専門的に学びたいと資格取得をし2年前に現在の会社へ転職されています。職場は景気に左右されない安定した会社で1年後毎に昇給していくそうです。またご本人も休日はカフェや図書館にいって様々な情報を収集したり資格取得のために時間を使っているそうです。

こんな風に書かれていると「今は年収300万円台だけど、もしかしたらの先は上がる人なのかも!?」と思ってくれます。

3.外見をとことん磨く

婚活では、まず外見を見られます。例えば、こちらがお見合いを申込み、外見で気に入っていただければあなたのプロフィール必ず見てくれます。即NGはされず、希望年収では無いけど「う~ん」とちょっと悩みます。文章を読んだ時に、引っかかるものがあれば会うだけ会って見ようかな?と気持ちが動くときがあります。元が悪いからとあきらめてはいけません。身体を引き締める、肌をきれいにする、眉や髪型を変える様々な方法がありますよ。できることは全てやりましょう。

4.権威性を出す

権威性とは、他と比べて優位にたてることです。年収300万円台でも権威性を出せるポイントを探していきましょう。新卒で15年間同じ会社に勤めてその専門のプロになっていることや、趣味の世界では自分より詳しい人はあまり知らないなども良いでしょう。

5.趣味を必ず書く

趣味が合う人なら、人物重視を希望している女性なら会ってみたいと思う人もいます。アニメ・漫画・ゲーム・映画・音楽・スポーツなど共通の話題で盛り上がります。自分が好きな趣味をしっかり書いておきましょう。

6.自分の価値>相手の価値

自分の価値が同じか上の状態でないと、なかなかお見合いが組めません。

年収という所で価値が低ければ、それ以外の部分を上げていく努力をするしかないのです。また同時に年下女性ばかりに申し込むのでは無く、年上女性にも目を向けていくとお見合い承諾率は上がっていきます。1つ上とかでは無く、5歳~10歳上も視野にいれていきましょう。

まとめ

年収300万台の婚活は正直厳しいです。しかし可能性が0ではありません。年収以外にあげていける要素をとことん探していきましょう。年収も低いし外見も良くないので結婚が出来ないのでは無いか?今まで散々、撃沈してしまってもう無理かも…とあきらめてしまう人も多いかもしれませんが、あきらめたらそこで終わってしまいます。幸せを掴むチャンスはみんな平等にあります。一度きりの人生、後悔の無い生き方をしてくださいね。

薄毛・モテない男性に強い結婚相談所

婚活写真に自撮りは絶対にNG!

体形に合ったスーツで次に繋げましょう